JE
【JUDGE EYES:死神の遺言】のトロフィーについて評価とゲームの自由な感想。


難易度
★★★★★★★☆☆☆(7/10)
理由としては、
難易度『EX HARD』クリアが必要
多種多様なミニゲーム
ドローンレース制覇




1.難易度『EX HARD』クリアが必要
この難易度を出現させるためにはゲームクリアが必要なので、最短で2周する必要がある。
敵の攻撃力がとても高く、相手によっては1コンボで即死する場面もあった。
ゲームオーバー時にはタイトル画面に戻されるので、再戦ポイントまで辿り着くまでに時間がかかるシーンも。
アイテムやスキルは引継ぎが出来るので、計画的な育成、引継ぎアイテムの吟味を行えばそこまで苦労する難易度ではなかった。



2.多種多様なミニゲーム
〈ポーカー〉〈ブラックジャック〉等のカードゲームから〈将棋〉〈麻雀〉といったテーブルゲーム、〈ぷよぷよ〉〈UFOキャッチャー〉といったゲームセンターでプレイするもの、さらには〈ダーツ〉〈バッティングセンター〉といった様々なジャンルのゲームが登場する。
そのミニゲームで規定スコアや規定回数勝利等が条件になっているので、ルールを知っているだけでなく勝てるための立ち回りが必要となる。



3.ドローンレース制覇
単純に敵NPCが速くて強い。
4ヵ所のパーツを組み替える事により時機のカスタマイズが出来るのだが、コストという制約があるためにすべての場所に最強パーツを装着することは出来ない。
最高速度を重視するのか、耐久力を重視するのか、自分のレースゲームの力量によりカスタマイズしながら優勝を目指さないといけない。



トータル難易度は7/10。
ゲームクリア自体の難易度は高くないが、累計撃破数や各種ミニゲーム関係で時間が掛かる。
ミニゲームのルールや勝ちパターンを知っているか、レースゲームのタイムを縮めるための操作が出来るか、というマルチなテクニックを必要とした。
DLCによる救済措置として、主人公の技やドローン機体があるので利用するのもアリかもしれない。




ゲームの自由な感想。

正にキムタクが如く。ちょ待てよ。

実在する俳優をモデルとしたキャラクターの個性が立っており、ゲームではなくサスペンスドラマを見ている様なストーリー展開に引き込まれました。キムタクは検察とか弁護士といった正義の役が似合いますねぇ。下手なドラマより面白かった。
そのせいで問題もあったけど。羽村の頭…販売自粛とな…どうやらモデル差し替えでなんとかなりそうですね。よかった。


龍が如くシリーズとは神室町という舞台は一緒ですが、完全に別の物語として展開、完結していて素晴らしかったです。
シリーズファンとしてはお馴染みの店舗もあれば新規に増えた店舗もあり、都市として神室町が存在し、生きているという感じが面白かったです。カラオケは何でなくなったの。ジャニーズだから?触れてはいけない部分なのかもしれませんのであまり深く考えないようにします。


ミニゲームが盛り沢山でした。
麻雀や花札、ポーカーといったお馴染みのギャンブルや、ドローンによるレースゲーム、さらにはぷよぷよまで。トロフィーコンプリートまでには全てのゲームを制覇する必要があり、各ゲームの基本知識やルール把握、細かいテクニックを必要とするのでやりごたえがありました。


キムタクを動かせる!障害物を飛び越えるだけでもカッコいいぞ!壁を三角蹴りからのスタイリッシュなコンボで敵を倒せ!DLCがあればビームだって出せちゃう!コンビニ店内で無茶苦茶に暴れて棚を壊しまくれ!風俗店にも行けちゃう!電マで敵をぶっ叩け!
まさにゲームならではの体験だと思います。
龍が如くシリーズファンはもちろん、ゲームをしたことが無いけれどキムタクが好き、という人にもお勧めできるゲームでした。


HERO Blu-ray スペシャル・エディション(2015)【Blu-ray】 [ 木村拓哉 ]
HERO Blu-ray スペシャル・エディション(2015)【Blu-ray】 [ 木村拓哉 ]