aegis
【Aegis Defenders】のトロフィーについて評価とゲームの自由な感想。


難易度
★★★★☆☆☆☆☆☆(4/10)
理由としては、
タワーディフェンス+アクションというゲームジャンル
ステージセレクトによるリトライ性
各難易度クリアのトロフィー


1.タワーディフェンス+アクションというゲームジャンル
タワーディフェンスとは、群れになって襲ってくる敵に対して、ギミックや罠を駆使して撃退していくストラテジーゲームのジャンル。リアルタイムで状況が変化するため、その場その場で臨機応変に対応する能力が必要となる。
アクション要素も加わっており、全体的な戦況を考えるスキル+アクションのテクニックも要求される。



2.ステージセレクトによるリトライ性
ステージは別れており、クリア済みのステージでも無条件でリトライすることが出来る。
各ステージに最大4個、収集アイテムが存在するが獲得難易度は高くなく、ステージギミックや装備、クラフトによる簡単な謎解きをクリアすれば入手出来るために難しいものではなかった。
これにより収集アイテムを取り逃したとしても再度挑戦が出来るため、時限要素とはならない。


3.各難易度クリアのトロフィー
ハードモードでクリア、メチャクチャモードでクリア、という2種類の難易度クリアトロフィーが存在する。しかしこれらは上位であるメチャクチャモードをクリアすることでどちらも取得出来る。
また、一度も死なずにクリアするというトロフィーもあるため、初回はこちらの取得を目指すためにまずはかんたんモードで死なずにクリアした後、メチャクチャモードでのクリアを目指すと良い。



トータル難易度は4/10。
タワーディフェンス+アクションというジャンルなので、総合力が試されるジャンルではあった。
収集要素もあるがステージセレクトがあり、また1つのステージもそこまで長いものではないためリトライによるストレスはあまり感じなかった。
装備やタレットをアップグレード出来るのだが、有用なものとそうでないものの差があるために1周目は無理せずにかんたんモードで装備やタレットを確かめながら進めると良い。ちなみに自分がよく使っていたタレットは黄+赤のノックバックさせるボウガンと赤+青の凍らせるドラゴンだった。
アクション要素もあるので多少のゴリ押しも可能。タワーディフェンスと聞いて身構え無くても良い。




ゲームの自由な感想。

左右に忙しいゲームでした。タワーディフェンス出来る人って凄くない?自分は脳みそのリソースが絶望的に足りないので。右を見ながら左を見るとかちょっと何言ってるかわかんない。愚地独歩の散眼が必要だ。
2人プレイも出来るらしいのでやってみたら面白いかも。死んだら責任の押し付け合いになりそうだけど。

タレットの種類が色々あり、組み合わせにより変化させる事で戦略の幅が広がり楽しめました。最終的には黄+赤のボウガンの後ろにおじいちゃんをへばり付かせてからの修理連打でごり押ししたけど。連打ゲー。

ストーリーも王道的な展開ですがまとまっており楽しめました。最初主人公男だと思ってた。
ドットの作りも良かったです。ちまっこくて可愛い。

knight
こいつ色んなゲームに出てくるな。プレイした事無いけど。関東と関西でショベルとスコップって逆の物を指すらしいですね。何の話?

E-Value パイプ柄丸ショベル(刃先研磨) EPS-1(1コ入)【E-VaLue】
E-Value パイプ柄丸ショベル(刃先研磨) EPS-1(1コ入)【E-VaLue】