saga sg
【サガ スカーレットグレイス 緋色の野望】のトロフィーについて評価とゲームの自由な感想。


難易度
★★★★★☆☆☆☆☆(5/10)

仲間加入やイベント発生の為のフラグ管理
特徴的な戦闘システム
究極ファイアブリンガー撃破


1.仲間加入やイベント発生の為のフラグ管理
仲間を全て加入させるトロフィー【仲間は多いほうがいい】の取得の際には各主人公毎にイベントを発生させるためのルートや二者択一の仲間フラグを構築しないといけない。正し周回で引継ぎは可能なため、時間効率を考えないのであればそこまで難しいものではなかった。



2.特徴的な戦闘システム
コマンドRPGではあるがタイムラインや連撃、恩寵といった特徴的な戦闘システムを備えている。理解するまでは戦闘が大変だったが、工夫次第で強敵を撃破出来たり、敵によって戦い方を変える事で全く別のアプローチが可能になる。
また難易度もトロフィー取得には不問なため、難易度を下げるといった救済も残されている。



3.究極ファイアブリンガー撃破
恐らく最終目標となるべきトロフィー【究極を知るものよ】取得が一番時間が掛かると思われる。
真緋の魔物を全て撃破する事で戦う事ができるのだが、まずその真緋の魔物が強い。陣形・装備・ロールの組み合わせを相手毎に最適化し、また運も必要な場合があった。
周回によって出現条件は持ち越せるが、パーティの強さは引き継げないために真緋の魔物を撃破する周回で究極ファイアブリンガーも撃破するのが望ましい。




難易度 5/10。
引継ぎを上手く使う事が大事だと感じた。ロール習得のための技・術を効率的に覚えたり、仲間の加入をどの主人公、どのルートで行うかという選択によってトロフィーコンプリートまでの時間が変わってくる。
難易度を下げるという救済措置や技・術が引継ぎ可能、主人公4人クリアでさらに装備も引継ぎ可能となるため、周回を重ねるほど簡単にはなっていくと思う。
究極ファイアブリンガー撃破の準備としてパーティ強化の稼ぎプレイは必須。最終的なメンバーの構築を早い段階から考えて周回すると良い。




ゲームの自由な感想。
あんた頭腐ってるんじゃないの?(誉め言葉)
尖っているが理解するほど奥が深い戦闘システム、シリーズ恒例の閃き、仲間の多さ。シリーズファンとしてはまさにこれぞサガって感じでした。なんか信者っぽいけど。好きなんだもん。


街やダンジョンを簡略化したフィールドは賛否両論ありそうですが個人的には好き。ボードゲームっぽさもありますね。アンサガ…うっ頭が。自分はアンサガも嫌いじゃないよ。


戦闘のバランスがちょうどよかった。
いくらレベルを上げようとも雑魚敵相手ですら全滅する緊張感があり、システムを理解するとタイムラインを意識し連撃を発生させられるバトルシステムは独創的なものでした。
シリーズ恒例の閃きも気持ち良いです。今作は行動後に閃きが発生し追加で技が発動するため、ギリギリの戦いの中閃きで勝利する、といったドラマチックな展開もありました。


サガシリーズとしてはもう少し技・術が欲しかったかな。
下り飛竜とか死ね矢とかシリーズ経験者にはわかるのが好き。スイングアーティストみたいなネタ技も好き。


BGM、伊藤賢治氏の音楽が素晴らしいものだと感じました。
普段ゲームしていてあまりBGMは気にならないですが、今作は戦闘時の音楽がとてもお気に入り。


シナリオ的にはよくわかんなかった。急に出てきてやっつけたけど結局ファイアブリンガーって何だったんだ?星神も精霊も冥魔も全部やっつけようとしていた的な印象は受けたけど。仮面劇で説明されるようなそうでもないような…まず星神と精霊の関係からもうよくわかんない。ヴァッハ神は可愛い。遊びに来て欲しい。冥魔は悪いやつなんだよね?後日談でエリザベートが冥魔いっぱい産みましたとかあったけどどういう事なんだろう。
全てひっくるめてサガっぽい、と言えばそれまでなんだけどさ。

サガ スカーレット グレイス 緋色の野望 PS4版
サガ スカーレット グレイス 緋色の野望 PS4版