toro
もしも『あなたにとってトロフィーとは何ですか?』と問われたら、『収集欲』である、と答えたいです。

小さいころ、何かを集めるのに夢中になった事はないでしょうか。
それはおもちゃの人形であったり、キャラクターのカードやシールであったり、あるいはお菓子のパッケージであったり、はたまた小さな昆虫であったりと、それぞれ何かしら集めていたものがありませんでしたか。

大人になり、それがコレクションと名を変え、時計や宝石類、スポーツカーといった高価な物、スポーツや武道の名声と言い換えても良い優勝カップや賞状となる人もいます。ブランドやメーカー、広い物ではキャラクターが好きなのでついつい買ってしまうグッズというのもコレクションとして含まれますよね。
模型やカード、レトロなおもちゃといった不本意ではあるがマニアという分類にされてしまうものだってもちろんあります。

そういった物の1つとしてゲームのトロフィーがあり、それを集めている人たちがいるのではないでしょうか。自分もその一人です。



トロフィーのためにゲームをするのか否か、という議論が起こるのを目にしたことがあります。これを見た時『卵が先か鶏が先か』という言葉を思い出しました。ゲームがあるからトロフィーが設定されており、トロフィーが設定されているということはゲームがあるのではないか、というなんだかよくわからない思考の堂々巡りに陥ってしまいました。
前提としてゲームは趣味であり、そのゲームの中にトロフィーというものが付属しているのでそこには人それぞれの解答があると思います。

ADVでスキップをしてトロフィーを連続で取ったり、ブーストゲーと言われるトロフィー取得が簡単なゲームを短時間で数多くプレイする、といったトロフィーを増やすのもその人なりの遊び方でしょうし、トロフィーに拘らずにクリアしたら次のゲームをプレイするというのもアリだと思います。

もちろんトロフィーに拘らずにプレイする人だって多いはずです、むしろこっちのほうが全体的には多そうなイメージ。単純にゲームが楽しく面白いからプレイしているんですよね。

俗に言うやりこみという物もあります。トロフィー条件にはないけれど目指していたり、対戦出来るゲームでは勝率や勝利数を高めるために追い求めている人だっていますね。トロフィーが無くても楽しめる要素はそれぞれのゲームにあり、遊び方もプレイヤーの数だけあるはずです。
そう考えるとトロフィーの為にゲームをするという行為は、本人が良いと思えば良いし、それが嫌なら自分はしなければ良い。
自分の意見、大げさに言うと思想を他人に強要するのは間違っているだろうし、他人に言われたからどうこうするものでもありません。ゲームのプレイのあり方に関するルールなんて無いんですから。暗い部屋でやると目が悪くなるよ、とかはまた別の話。

トロフィーブーストやスキッパー、といった取りようによっては悪口と言われるものでも、反対側から見ればトロフィーを集めるための時間効率や経済事情を顧みると1つの手段として成り立つのではと感じます。ゲームを楽しんでトロフィー取得したらいいのにな、とは感じますがこれも自分の価値観ですね。


もちろん他人に迷惑を掛けたり、考えを強要してはいけないです。
オンラインでみんなで楽しみながらプレイしている中で、ルールを無視してトロフィーのためだけにプレイしたり、協力してくれない人に暴言メッセージを送るといったことはトロフィー以前に個人のモラルの問題ですよね。

『談合』と言われる、トロフィー取得の為にメンバーを募るのも【対戦プレイのゲームの場合は自分たちでサーバーをレンタルする】【トロフィーを取得したいチームを作りその中で協力してプレイする】といった工夫でうまくやれる場合もあると思います。

システム的な問題でトロフィー取得が難しい場合は、各種掲示板やSNSといったゲーム内外のコミュニティを利用するのも良いと思います。
ゲームによっては【10人のチームを作りプレイする】【(人気の無い)ルールで〇戦する】【チーム全員が共通の行動をする】といった通常プレイでは困難な条件が設定されていたりします。【フレンドの記録を抜かす】という条件でも、同じゲームをプレイしているフレンドを探す事が最初ですよね。

見方を変えるとマルチプレイや対戦、その中で特殊な条件によって取得出来るトロフィー取得を目指す事は、制約の中で試行錯誤するというゲーマーとしてのテクニックや実力、あるいはコミュニケーション能力を磨く良いチャンスなのではないでしょうか。
オンラインサービスが終了するから人を集め、協力してトロフィーを取得しませんかと声をかけてプレイするのは、イベントやお祭りの感覚にも似て楽しいと思いますよ。



ある人はやりこみの一環としてプラチナトロフィーを取得しています。ある人はゲーム製作者に対する挑戦としてトロフィーコンプリートを目指しています。
単純にアイコンが好きだから集めたいという人もいます。取得してみないと自分のアカウントではトロフィーアイコンは見れないですよね。
他人と競い合うために取得する人だっていると思います。PSNにおけるトロフィーレベルを上げたいから、あるいは世界ランキング1位になったというトロフィーを自慢したいという人もいるんじゃないかな。ロストプラネット2…
もちろんそれぞれ考え方は違うので、一括りにするのは難しいです。前回の雑談でも自分なりに分類してみたりもしました。


コレクターといわれる人でも、集めているものは同じですが目的が違う場合もありますね。車で言うならば『観賞用として集めて飾りたい』という人もいれば、真逆な『実際に乗って走りたい』と考える人もいます。
自分が興味の無いジャンルのものを見せられても大して感動したり凄いと思わないのと一緒で、それが同じゲームをプレイした人であったり、大げさに言えば製作者であったりと、共通する『ゲーム』という限定的なジャンルのコミュニティ内でしか語る材料にならないのではないと思います。
しかしそれは限定的な話題という理解されづらい側面があるからこそ、同じ趣味の人とは深い話題にしやすいという強みもあります。

クリアしたというトロフィーを取得していればエンディングについて語り合ったり、対戦で上位ランクになるトロフィーを取得している人に上達のコツを教えてもらったりと、ゲームというものを語る上での友人知人作りの取っ掛かりとしては限定的だからこそ理解されやすいのではないかと。
こういったコミュニケーションツールの一つとしてトロフィーというものを考える事も出来ますね。


考え方ひとつで良くも悪くもなるこのトロフィーというシステム。
あなたの考えをぜひ教えてください。


たのしみながら とろふぃー いっこ とろう。