ninjago
【レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム】のトロフィー評価と自由な感想。


トロフィー難易度
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2/10)

アクションゲームとしての難易度
収集要素とキャラクター解除
全てのレースをクリアする【スピードマスター】


1.アクションゲームとしての難易度
レゴという子供向けのおもちゃ、その映画をゲームにしたという事で難易度は低そうに感じるが、ある程度のゲームスキルは必要。
戦闘シーンだけならばボタン連打でクリアできるが、後述の収集要素を含むトロフィー取得となると最低限のゲームスキルは必要であると感じた。




2.収集要素とキャラクター解除
サイドクエストのクリアやキャラクタートークンの収集、古代の巻物やゴールドブロックといった収集要素があり、それらをすべて集め達成度100%を完了する【コンプリートマスター】が最終目標になる。
ミニマップには未取得の収集品が表示されるが、あくまで平面的な座標として表されるので高さが分からないので何層にも重なったエリアではあまり当てにならず、また特殊な移動により辿り着けるものもあるためフィールドを片っ端から捜索することになる。
またキャラクタートークンで解除されるキャラのスキルでしか謎解きが解決できないものもあり、まず最初はストーリークリアを優先し、その後収集要素に着手すると良い。



3.全てのレースをクリアする【スピードマスター】
収集要素に含まれているレースをすべてクリアすると取得できるトロフィー【スピードマスター】。
完走するだけではなく規定タイム以内にゴールしないといけないが、コースによってはノーマルキャラではどうやってもクリアできないコースがある。
これはキャラクターの固有スキルが必要であるため、該当キャラクター解除が必要。
コースによっては、ミスが許されないようなタイム設定のものもあった。




トータル難易度は2/10。
アクションとしての難易度は低いが、収集要素が多いため注意が必要。チャプターセレクトで未取得の物が分かるため、まずはストーリーをクリアしその後キャラクター開放、そして各収集に着手すると良い。
100コンボチェインを達成する【三桁マスター】、各チャレンジ道場でゴールドメダルを獲得する【チャレンジマスター】といった説明を見ると難しそうなトロフィーがいくつかあるが、戦闘はボタン連打でごり押し可能であったり、スカイワード・ドラゴンの術が無限に使用出来る巻物を入手後にチャレンジすると簡単にクリア出来た。

まずはストーリーをクリアし、その後キャラを開放しながらレースやゴールドブロック収集、といった具合に計画的なトロフィー取得の順番を考えながら進めると良い。




ゲームの自由な感想。
踏んだら痛いやつ、その名はレゴブロック。

映画を基にしたしたゲーム?なので未視聴だとキャラクターやストーリー背景がいまいち分からなかった…。急に師匠とか言われても誰だよお前は。


ニンジャなのになんか中国っぽい。アジアで一括りにされてるのかな。


収集要素が多く、最初にステージに訪れた時はどうやっても取れないものもあった。
監視カメラのやつはどうにかして行ってやろうとカメラに対してフェイントをかけ続けていた。傍から見たらやべー奴。



コイン?の取得音がラチェット&クランクと似てない?カチャカチャカチャってやつ。


b3bdc950-bfa5-11ea-85ca-027ec55895e0


襲来。

現実とリンクしていて面白いシーンだと思いました。
猫か乳幼児かお母さんの掃除機にブロックや積み木をめちゃくちゃにされた記憶はありませんか。


レゴってこんなパーツもあるんだ、って思うぐらい色々出てるのね。サメ型ロボットとかカッコよくない?飛行機やバイクとか、建物もあったりともう何でも作れちゃいそう。なのにどうしてこうなったレゴランド…


レゴブロックは高いからダイヤブロックを買ってもらってた人も居るのでレゴの話はここでおしまいにしよう。
今回悪口ばっかり書いてる。これはよくない。

レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー [ デイブ・フランコ ]
レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー [ デイブ・フランコ ]