republique rogo
Republiqueのトロフィーについてまとめ。


難易度
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3/10)
理由としては、
アイテムを収集するだけで大半のトロフィーが取得できる。
選択肢ごとに取得できるトロフィーは、やり直すことによって簡単に選択し直す事が出来る。
ゲーム難易度も高くなく、リトライポイントも多数用意されているのでやり直しが容易。


1.アイテムを収集するだけで大半のトロフィーが取得できる。
EPごとの区切りがあり、一つのEPが1時間程度で完了する。そのため、EPの最初からやり直したとしても短時間なのでそこまで厳しい要素はない。しかしセーブは全てオートセーブの為、進めると戻れなくなるマップが存在する。そのためEP開始時のセーブをバックアップすることを推奨する。
収集アイテムはカメラで見ればハイライトはされるものの、一部のみ見えていたり物によっては完全に隠れているため、そこまで簡単に集めきれるわけではない。



2.選択肢ごとに取得できるトロフィーはやり直すことによって簡単に選択しなおす事が出来る。
具体的には、EP2の醜い真実/美しい嘘とEP5の穏健派/革命派の2つ。
どちらもトロフィー取得後にゲームを終了すれば、選択肢前まで戻れる。



3.ゲーム難易度も高くなく、リトライポイントも多数用意されているのでやり直しが容易。
敵に捕まっても、集めた収集アイテムは無くならない。
攻撃アイテムによっては敵を永続的に無効化でき、さらにはスキルを取得することで巡回ルートが目に見えるようになる等、プレイヤー側をさらに有利にしてくれる。
巡回しているAIも賢くなく、距離を取って物陰やロッカーに隠れてしまえば簡単に捜索を中断する。
捕まってしまうと攻撃アイテムは没収されてしまうが、捕まった敵からまた盗むことにより取り返せるため、攻略難易度は高くない。



トータル難易度は3/10。
操作性やカメラワークの悪さは気になるが、敵への対抗手段も多数存在するためステルスというジャンルで考えると難易度は低い。
オンライントロフィーもなく、プレイ時間もトータル8時間程度でコンプリートできる。
収集アイテムの取り逃しが難易度としては重要だが、セーブデータのバックアップを取る等万が一に備えていれば簡単にトロコンへと辿り着けるのではないだろうか。
以上でトロフィー総括としたいと思う。





難しい言い方はここまで。
ここから先は自由に感想を残していきます。

最初に受けた印象。捕まったウォッチドッグス。
28471770_133174920838486_7279478878527971677_n
似てるな。


世界観は独特で素晴らしい。ジャンルでいったらサイバーパンクなのかな。KILLZONEとかそっち系。銃は撃てないけど。

主人公を操作して敵を倒すという単純なゲームとは少し違って、協力者という一歩引いた存在としてプレイヤーを操作させる手法が面白かった。
カメラワークが悪いとか、思った通りの動きが出来ない等の不満点はいくつかあるけれど、それもすべて「カメラ越しで指示しているから」という上手く世界観にマッチした理由で片付けれるかも。

ストーリーは説明不足感があった。結局EP4のホープと同じ顔をしていた390って誰とか(しかも殺されたし)、所長の卑猥なモザイクの秘密とか明かされなかった。
逆に言えば、そこまではっきりと答えが示されていない部分を自分であーだこーだ考えるのが好きなタイプの人には楽しめるかな。

ステルスゲームとしてはお粗末な印象。最後の方はは敵に捕まってもいっかーって気持ちで無理やり突破したりしてた。スタンガンがめっちゃ強い。でもEP4のバイオハザードは許さない。

収集アイテム、特にフロッピーディスクが面白かった。
28575741_133231917499453_1513733108327596875_n
いろんなゲームがフロッピーに印刷してある。またそれのコメントも面白かった。
後半になるとストーリー上コメントがなくなるのは残念。
集めるだけで終わり、ではないアイテムは嬉しいです。見てて楽しい。

トロフィーアイコンが全部一緒。ランクで色が違うだけ。残念。
28279539_133239630832015_2183453050875063862_n
監視カメラ。Horizon Zero Dawnにこんなのいたよね。ウィッチャー。

Republiqueとはフランス語で共和国という意味らしいです。
Wikipediaより:共和国とは、君主が存在しない国家(共和制の国家)である。 対比語は君主国。
つまり王様がいない国ということ。しかしその名前とは裏腹に、所長がすべての権限を持っていた感じがしますね。「メタモルフォーゼ」という国家は、この「リパブリック」というタイトルとは真逆の意味の性質を持った国家ではないか。
そういった明確になっていない謎が数多く残っていますので、ストーリーの背景、登場人物の思想などの疑問点を自分なりに考察できます。投げっぱなしと言えばそれまでなんだけど。
単純にプレイして終わりにするのはもったいないと感じたゲームでした。