cb
【カラドリウス ブレイズ】のトロフィーについて評価とゲームの自由な感想。

トロフィーについて評価
難易度
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3/10)
理由としては、
シューティングゲームとしての難易度は低い。
ステージセレクトや時機カスタム等のゲームクリアやトロフィー取得に有利な機能がある。
作業系トロフィーがある。



1.シューティングゲームとしての難易度は低い。
STGのジャンルのゲームは高難度のイメージが強かった。処理落ちするほどの弾幕をドット単位で回避したり、無数の敵を相手にする、といった印象があった。しかしこのゲームははそういった鬼畜使用ではないと感じた。
敵の弾を自機の弾で消せる、というゲームシステムが特徴的で、それにより難易度が高いと感じたステージは無かった。



2.ステージセレクトや時機カスタム等のゲームクリアやトロフィー取得に有利な機能がある。
機体を数種類から選び、それぞれに特徴あるショットを搭載しているのだが、クリアしていくうちにそのショットをそれぞれ自機に割り振れるという機能がある。
追尾するショットやバリアを展開するショット、さらには敵の弾を跳ね返すショットなどユニークなものが多々存在するので、それぞれ自分に合ったものを搭載すればクリア、さらにノーミスクリアまでもが容易であった。
ステージ毎の特殊なトロフィーについても、ステージセレクト機能があるので取得できるまでのやり直しも簡単、かつ条件も難しくないものが多かったと感じた。



3.作業系トロフィーがある。
おそらく最後まで残るであろう【集めし力】のトロフィー。
エーテルチップを累計1000個取得する、という内容なのだが、1つのステージで獲得できる数は多くても30個前後であり、さらには今まで獲得した累計が確認できない。
ゴールが見えない以上ストレスとなるし、さらにはちゃんとやり方があっているのか不安になる仕様であった。
ステージ5でケイを使用し、ボス戦を含む道中すべてエレメンタルバースト(L2ボタン)ですべて撃破、使用できなくなったら自滅しコンティニューしてやり直す、というやり方でステージ5を周回した。
またボス戦ではボスの魔法陣に突っ込み、魔法陣上でエレメンタルバーストを使用するとダメージは与えずにエーテルチップ獲得のゲージが溜まるので、そのやり方で稼いだ。



トータル難易度は3/10。
時機カスタムでバリアと追尾と反射を使用すればノーダメージクリアの【掴みし栄光】トロフィーは難なく出来ると思う。
自分の場合は時機をカラドリウスでプレイ。追尾するノーマルショットが使いやすく、カスタムで水のバリアを使用すればノーダメージクリアできた。
スコアを獲得する系の【遥かなる道標】も、ノーダメージクリアを狙う道中で獲得できる。出来るだけエレメンタルシュートで敵を撃破するのを意識すれば、ステージ5の途中で獲得出来た。
【集めし力】取得までの忍耐力があれば、トロフィーコンプリートは容易である。
以上でトロフィー総括としたい。





ゲームの自由な感想。

最初に触ってみた印象。良く出来た同人ゲーっぽい。
シューティングゲームなんて真剣にやったことがなかった。ツインビーとか昔やった記憶が…。東方シリーズは名前くらいしかよく知らないし、怒首領蜂とかもすごい難しいのを知ってるだけ。そんな自分でもクリアできるシューティングゲームでした。

まず何よりも服が脱げる事。モチベーション増加って重要だよね。
自操作キャラがミスしたりボスに一定のダメージを与えると(厳密には一定のスコアを稼いだ後にミスや一定ダメージなんだけど)専用の画像が表示されます。
31514070_171685420320769_5966746890350362624_n
こんな感じ。うひょー。
あんまり人の前でやるゲームではない。その時の顔を見られたら死にたくなる。
キャラクターも可愛いです。ステージ3のミリアちゃんが一番タイプです。脱がすために頑張るんだ。


シューティングとしての難易度も高くなく、適当に誘導する弾を撃ちながら危なかったらバリアかボムでクリア出来ました。ヌルゲーですね。ガチガチのSTGプレイヤーには物足りないかも。
ステージ数も多くなく、逆に言えば物足りない感はあるけれど、個人的には丁度良いステージ数でした。あまり長すぎると目が疲れるんだ。


【集めし力】のトロフィーだけ辛かった。何故獲得した累計数が見れないんだ。やり方あってるか凄い不安になりながら周回していた。最後らへんは死んだ目になってたと思う。TV見ながらやネットサーフィンしながらの、ながらプレイしたほうが精神安定上良いと思われます。
あと配信直後トロフィー同期できないバグ?があってなんかドキドキしたのを覚えてる。数日後大丈夫になったようだけど。


シューティングゲーム、という個人的には敷居が高そうに感じるジャンルの入門編として、敬遠していた方はプレイしてみると良いと思いました。プレイするときは一人でやったほうがいいよ。