toro
トロフィー収集プレイをしている人には、いろいろなタイプがありますよね。
という事で今回は、どういったスタイルがあるのかを紹介したいと思います。
またゲームが好きなだけでトロフィーに興味ない方も居て当然です。人それぞれのゲームの形があります。それを頭から否定せず、こういった形のゲームの楽しみ方もあるんだな、という気持ちでお付き合い頂けると嬉しいです。

自分がどのタイプに当てはまるか思い浮かべながら記事を読んでね。


【100%タイプ】
自分が獲得したトロフィーのパーセンテージが表示されています。これをすべて100%にしたいタイプがこちら。急な追加トロフィーやオンラインサービス終了に怯えている人はこれ。
100%にするにはそのタイトルの全てのトロフィーとDLCトロフィーも含まれますので、ゲームプレイのテクニックや知識はもちろん、タイトルによっては運や根気、さらにはDLC購入も必要です。対戦系でのオンライントロフィーが絡むとさらに難易度が上がりますね。
トロフィーをコレクションと考えてる人が多いかも。100%で揃っているリストを見ると尊敬します。



【高難度タイプ】
トロフィーには「超レア」「とてもレア」「レア」「ふつう」という4つの取得レアリティが存在します。
これは取得者の割合を示しており、「超レア」が全体取得者の割合が0~5%「とてもレア」が5%~15%、という感じで分類されています。このうちの「超レア」を集めたいタイプがこちら。
プレイ人口が多いほど割合は下がり、逆にプレイ人口が少ないと割合が上がります。言い換えると、トロフィー取得するほどはやりこまないけれど、ゲームとしてプレイする人数が多いゲームはプラチナトロフィーや取得難易度が高いトロフィーのレアリティが上がります。
本編はプレイ人口が多いけれど、DLCまで手は出さないプレイヤーが多いゲームはDLCトロフィーのレアリティは上がりますね。無料じゃないDLCは大体「とてもレア」以上だと思う。

取得率が低い=取得難易度が高いという事なので、このタイプは色々なジャンルのゲームが上手な方が多いです。羨ましいです。



【トロフィーレベルタイプ】
取得数に応じてトロフィーレベルが上がっていきます。このレベルを上げたい方はこのタイプ。
一つのゲームに固執せず、次々とトロフィーを取得するスタイルですね。100%タイプの反対。
ADVをスキップしたくなったらこれ。個人的にはスキップしたら負けだと思ってる。
色々なジャンルをプレイするので、経済力が必要ですね。
最初のころはレベルが簡単に上がるけれど、高レベルになると全然上がらない。


【好きなゲームだけ集めるタイプ】
シリーズが好きとか、プレイして気に入ったから全部集めたい人はこのタイプ。
次回作にオンライントロフィーが来たら絶望する人はこれ。
トロフィーというよりかはファンレベルの指標かもしれませんね。



独断と偏見で紹介させて頂きました。
これが全てではありません。
トロフィーアイコンが好きだから集めている方も居れば、知り合いと競い合っている方も居ると思います。いつの間にかトロフィー収集が好きになったという人だっているかもしれませんね。取れそうなトロフィーだけ取る、という人も居ると思います。

もちろんトロフィーの為に他人に迷惑をかけるのはやってはいけないと思います。オンラインでトロフィー取得の為とはいえ協力プレイの域を超えた迷惑行為や、他プレイヤーに対しての批判的な行動はゲームを楽しんでいるプレイヤー、あるいは開発した会社を否定する自分勝手なものです。
逆にトロフィー取得の為に協力者を募ったり、VCやメッセージでコミュニケーションを取るのは良い事だと思っています。それがきっかけでフレンドになり、長年の付き合いとなっている方も居ますしね。

izon
これはダメな例。

トロフィーが全てではなく、あくまでもゲームを楽むためのアイテムの一つとして、トロフィーがあるのではないでしょうか。
ゲームに対してのトロフィーという物について考えて見るのも面白い、と個人的には思っております。条件がヘンテコなトロフィー作った開発者とか想像したり。

純プラチナ インゴット 日本マテリアル プラチナバー Pt1000 100g(39024)
純プラチナ インゴット 日本マテリアル プラチナバー Pt1000 100g